12/5新たな経済対策を閣議決定。補正予算に関する各報道をまとめてみました。

12/5夕方、事業規模26兆円の「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」政府が閣議決定しました。今回の経済対策、事業規模の総額は26兆円程度と報道されています。

 

各報道による記事をまとめてみました。

 

(12/5ロイターより引用)

jp.reuters.com

 

事業規模26兆円のうち、財政支出は13.2兆円。財政支出の内訳は国・地方の歳出が9.4兆円、財政投融資は3.8兆円で、歳出のうち4.3兆円を19年度補正予算案に計上する。

 

(12/5産経新聞)

www.sankei.com

 

経済下振れリスク克服への重点支援は事業規模7兆3千億円程度。中小企業の生産性向上支援などを進めるほか、就職氷河期世代の国家公務員の中途採用に、2年度から3年間集中的に取り組む。

 

(12/2朝日新聞)

www.asahi.com

中小企業支援は、競争力強化や新事業創出を目的に、開発や設備投資の一部費用を補助する「ものづくり補助金」が中心となる。この補助金は、2012年度から毎年度1千億円前後を補正予算に計上。

 

(12/5読売新聞)

www.yomiuri.co.jp

対策は、〈1〉災害からの復旧・復興と安全・安心の確保〈2〉経済の下振れリスクへの重点支援〈3〉東京五輪・パラリンピック後の経済活力の維持・向上―の3本柱となる。財政措置のうち、国と地方の直接支出は9・4兆円程度で、国が資金を調達して低金利で貸し出す財政投融資が3・8兆円程度。

 

(12/5日経新聞)

www.nikkei.com

景気の下支えでは、中小や小規模事業者の生産性を高めるための補助金、最低賃金引き上げを促す支援事業などを盛り込んだ。

 

以上、「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」政府が閣議決定に関する各報道をまとめてみました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ドローンといえばイメージしやすい「空撮」ですが、 広い視点で多様な使用が期待されているドローン…
  2. 【補助金申請システム】Jグランツによる電子申請受付を開始! 2020年から、国が実施する補助金…
  3. 「ものづくり」と聞くと製造業だけの補助金と思いがちですが、情報通信や農林水産食品をはじめとする様々な…
ページ上部へ戻る