美容室経営で活用したい補助金とは?【2020年度補助金】

美容室経営でもらえる補助金ってご存知ですか?事業を活性化させるための費用を国の制度を利用して補助してくれる「補助金」は美容室やサロン経営に非常にメリットが大きい制度です。この記事では美容室が活用できる補助金を比較しながら分かりやすく解説していきます。

 

この記事の目次

補助金とは?

補助金は国や地方公共団体などから交付される給付金です。経済産業省の技術開発や産業復興など地域・経済の活性化に対する取り組みのための支援金です。美容室を経営するオーナー様にとって返済義務のない公的な補助金制度は大変心強い存在です。

 

助成金との違いは下記のサイトをご参考ください。

yamatomo.hatenablog.jp

 

経済産業省の補助金

小規模持続化補助金とは?

小規模持続化補助金は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、
小規模事業者の地道な販路開拓等の取り組みや、あわせて行う業務効率化(生産性向上)の取り組みを支援するための補助金です。

 

補助金内容

✓原則50万円を上限に補助

✓補助率は 2/3 

✓新規顧客の開拓に!

 

補助対象の一例

・新規集客のためのチラシ作成・配布

・WEBサイトの開設

美容室をバリアフリーに改装する

・宣伝のために展示会に出展する

 

事業計画に基づいて売上げアップなどの取り組みが認められた場合に、50万円を上限に補助金を受けることができます。雇用が5人以下の事業者が対象です。事業計画書は管轄の商工会議所に提出します。金額も目的に合わせて使いやすい補助金のため販路開拓をご検討されている様にサロンのオーナー様にススメです。採択されるポイントを押さえれば、初めて申請される方でもご自身で事業計画書や申請書類を作成できます。

 

IT導入補助金とは?

IT導入補助金とは、業務の効率化、新規顧客の開拓、売上げの向上などにITサービスを導入して生産性の向上を図る、購入費用・導入費用の一部を国から補助するための補助金です。

 

補助金内容

✓40~450万円を上限に補助

✓補助率は 1/2 

✓顧客情報管理をIT化したい!

 

補助対象の一例

・クラウド会計システム
・ネット予約システム
・POSレジシステム
・顧客管理システム

 

バックオフィス効率化のためのITツールを購入して業務の自動化を図り、生産性を向上するのに最適です。 補助金の申請は、全てインターネット上で国から認定された支援機関を通じて行います。小規模持続化補助金の補助額に比べて金額が大きいので高額なITツールの投資をご検討のオーナー様におススメです。

まとめ

国は開業後の経営を後押しするためにさまざまな補助金・助成金の制度を用意しています。今回は経済産業省の美容室が活用できる補助金についてまとめてみました。来年度補助金申請をご検討されているサロンオーナー様のお役に立てたら幸いです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ドローンといえばイメージしやすい「空撮」ですが、 広い視点で多様な使用が期待されているドローン…
  2. 【補助金申請システム】Jグランツによる電子申請受付を開始! 2020年から、国が実施する補助金…
  3. 「ものづくり」と聞くと製造業だけの補助金と思いがちですが、情報通信や農林水産食品をはじめとする様々な…
ページ上部へ戻る